MAKE UP

MAKE UP 2017.10.30

【外心顔Lesson1】自分に似合うメイクを見つけよう!外心顔のメイク術!

TEXT BY

流行りのメイクと似合うメイクは別物です!
ぜひここで外心顔に似合うメイクを習得してください!
顔にも、似合う色、似合う形、が人さまざまです。自分にに似合ったメイクを見てけましょう!

顔の黄金比率と自分の顔を比べてみよう!

・黒目の大きさ×3=目の横の大きさ
・鼻の横から顔の周りの輪郭:黒目の下から顔の周りの輪郭=1:2
・口の分厚さ=上の唇:下の唇=1:1.3~.5
・顔幅:眉~顎まで=1:1

このように言われています。
あくまでもこの比率は黄金比率であって、全てが完璧という人はそう簡単に見つかりません。
この黄金比率に近づくことはメイク次第で、誰でもできます!外心顔の人は、どうしても顔が外に広がっているため、全体的に内側に集めるような感じで似合うメイクをしていきましょう◎

まずは目を似合うメイクに仕上げていこう!

マスカラ

1内側にしっかりマスカラがつくように塗っていく
2中心に集めるため目頭側のまつげをもう一度上塗りする

マスカラは、外側に長く見えるよう、しっかり塗りがちですが、外心顔の人は、中心に寄せるよう似合うメイクを作っていくので、内側を二度塗りして濃ゆく目が行くようにしましょう◎

アイライン

1まつ毛とまつ毛の間を埋めるように引く
2目の外側に長く引きすぎないよう気を付ける

アイラインは、ブラックとブラウンがあります。ブラックを使ったときに、少し強すぎるなと思ったときは、ブラウンを使ってみると優しい線になりおすすめです!
アイラインも普通、外側に伸ばしますが、それだと外心顔が逆に目立ってしまうので、欲張りすぎないように似うメイクにしましょう◎

顔の印象は眉で決まる!

1眉と眉の間に向かって、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーで眉毛を内側に寄せる
2眉マスカラで眉毛を塗って、黒色の眉毛をぼかす

眉毛を内側にか書き足すと濃ゆくなりすぎる恐れもあるので、ペンシルよりパウダーのほうがぼかしやすいです。
外心顔の人は外に流しすぎないように気をつけることが大事です!内側に内側に意識しながら顔に線を入れてください◎

光と影をうまく使う!

ハイライト

1涙袋にのせる
2Cゾーンにのせる

Cゾーンとは、眉の下から、目頭、黒目の下までを言います。外心顔の人は、ここにハイライトを入れることで、似合うメイクにでき、目元を明るく見せ、顔にメリハリが出せます!
目の内側にハイライトを入れると、外心顔の目が離れているように見えてしまうので気を付けましょう!

ノーズシャドウ

1眉の下と鼻の間に三角形にシャドウをのせます
2眉と鼻をつなぐようにカーブを付けながら影を付ける
3鼻筋を2本薄く入れる
4小鼻の上に2本影を入れる

1は少し濃い色でも大丈夫です。他の2〜4は濃くなりすぎないよう気を付けましょう!
ノーズシャドウを使うことで、視線を顔の中心に集め、外心顔が目立たなく似合うメイクになります◎

似合うメイクをマスターしよう!

外心顔の方に似合うメイクを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
ポイントは中心に視線を集めるということにあります!内側に足して、外側は引くということをイメージしながら、似合うメイクを完成させていきましょう♡