BEAUTY

BEAUTY 2018.03.20

春とともに紫外線も到来!一足お先にケアすれば、夏に差がつく美白美人♡

TEXT BY

紫外線が気になる季節がやってきた!

一年中白い肌でいたーい♡って思ったことはありませんか?
まだ春だから大丈夫と思って、何にも対策してないんじゃありませんか??

7月〜8月が紫外線が強くなるのはもちろんですが、実は4月〜6月も夏並みに紫外線の量が多いんです。

今のうちに早めからケアをして、夏にも美白美人でいられるよう対策しましょう!

日焼けしないために何をすればいいの??

日焼けをしないためにまずすることは……そう!保湿です!

日焼けは、肌の水分が奪われ乾燥してる状態のことです。
化粧水などをしっかり塗り日焼けしにくい肌をつくりましょう♡

その次にすべきことは、日焼け止めを塗ること!

ただし、日焼け止めを正しく塗れていないと、その効果はきちんと得られません。

日焼け止めの正しい塗り方

必ず使用目安量を守り、塗る時にムラができないように塗ります。

数回に分けて重ね塗りをすると綺麗に仕上がりますよ♡
塗る量は1平方cmあたり2mgで、実際に量ってみるとかなり多め!

そのことをきちんと頭の中に入れて気をつけましょう!

そして、大切なのは2〜3時間おきに塗り直すこと!

朝塗って一日中そのままでは、汗や皮脂などで落ちてしまい十分な効果は得られません!
SPF値・PA値にかかわらず、こまめに塗りなおすことで紫外線をブロックすることができます♪

日焼けしてしまったらどうすればいいの?

海やプールに行ったり、うっかり日焼け止めを塗り忘れて日焼けしちゃった……。

そうなったら、日焼けしたあとのケアをしっかりすることが大事です!

日焼け後72時間以内にやろう!3ステップ


日焼けは美容の大敵ですが、日焼け後72時間以内に正しいケアをすることで、肌への影響を最小限にすることができます。

ステップ1 冷やす

日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態なんです。

炎症が起きているので、冷やして火照りをとることで炎症の進行を防ぐことができます!
そのままにしておくと腫れることもあるので、まずはしっかり冷やしましょう!

・冷たいシャワーを浴びる
・保冷ジェルを当てる
・氷水で冷やした濡れタオルを当てる

などの方法はあります。

しかし、氷などを直接当てると皮膚組織にダメージを与えてしまうので、タオルで包むなどして調節するようにしましょう。
また、こすると皮膚に負担がかかってしまうので、タオルなどを当てる時は優しく抑えるようにしましょう。

火照りがおさまるまで冷やすようにしましょう!

ステップ2 保湿

火照りが落ち着いたら、しっかり保湿をして肌のトラブルを未然に防ぎましょう!

肌がやけどの状態なので、できれば敏感肌用の化粧水を使いましょう!
美白系化粧水は日焼けあとの肌には刺激が強いので、数日経って肌が落ち着いてから使いましょう。

化粧水は、いつもの2〜3倍の量を手でぎゅっとしながら塗っていきます。

ただし念入りなパッティングやこすることは、日焼けによって低下した肌のバリア機能をさらに下げてしまうのでしないようにしましょう。
敏感肌の人は、コットンの繊維が刺激になることもあるので慎重にケアしていきましょう!

化粧水の後は、乳液やクリームなど油分ベールでうるおいをしっかり閉じ込めましょう。
日焼け直後の肌は、水分の蒸発が特に早いです。

もし、日焼けでひどく化粧水がしみる場合は、肌をいためないようにワセリンなどで保護をしましょう!

ステップ3 水分補給

日焼けの後は、肌だけでなく体の中の水分が不足しています。
体のだるさや疲労感がある場合は、軽い脱水状態になっているので常温の水やスポーツドリンクなどを飲んでしっかり水分補給を!

体の中から水分を補給することで、体の水分量が上がるので肌の保湿にもなります!

体の中からもケアをしよう!日焼けにいい食べ物って??

ビタミン・ミネラル

ビタミンの役割は肌を健康に保つこと。

紫外線による影響をやわらげ、抵抗力をつけてくれます。
特にビタミンCは、シミやそばかすの原因になるメラニン色素の合成を抑えてくれる効果があります。

また亜鉛などのミネラルも予防には大事な要素です。
細胞の分裂や再生を助け、シミやそばかすを防いでくれます。

ビタミンCを多く含む食べ物
トマト・パプリカ・いちご・レモン・グレープフルーツ・キウイ・ブロッコリー・スイカ・ジャガイモ etc…

ミネラルを多く含む食べ物
ホタテ・牡蠣・牛肉・うなぎ・大豆製品etc…

抗酸化成分

紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。
これがメラニン色素などを活性化してシミなどの原因に!!

この活性酸素を取り除く役割を果たしてくれるのが、抗酸化成分なのです!
ナッツ類・アボカド・ごまなどに多く含まれているビタミンEはこの抗酸化成分を含んでいます!

ほかにも、ビタミンA・カテキン・イソフラボンなども抗酸化物質を含みますが、中でもすごいのはリコピン!ビタミンEの抗酸化作用の数百倍の効果があるといわれています!

リコピンは赤い食べ物に含まれていて、よく言われているのはトマトですね!
そのほかにもバナナ・人参・アボカド・スイカ・ピンクグレープフルーツなどがあります!

きちんとケアして肌を守ろう!

美白の大敵、日焼け。
普段から意識して肌を守れるといいですよね。
体の内側からきちんとケアして、綺麗な肌で夏を楽しみましょう!