MAKE UP

MAKE UP 2017.10.30

【脂性肌Lesson3】脂性肌の顔を整えよう!ファンデを使って解決!

TEXT BY

脂性肌ではメイクをしても、数時間後、顔のテカリが目立ってしまうそんなあなたに、おすすめのファンデを紹介します。

脂性肌の特徴は?

顔のテカリが気になる
皮脂の分泌が多い
ニキビができやすい肌環境にある

脂性肌には、このような特徴がみられます。また、脂性肌は乾燥肌が原因でなることが多いです。脂性肌で、顔の油分が多くても肌の保湿をしっかり行うようにしましょう。そうすることで、皮脂の分泌を抑えファンデが浮くなんてことがなくなります。

脂性肌にあった化粧下地を選ぼう

【セザンヌ】 皮脂テカリ防止下地 (税抜)600円

メイクをするときは、いきなりファンデを塗るのではなく、脂性肌の人は、まずは化粧下地で肌を整えましょう。脂性肌に多い皮脂を吸収する働きをしてくれます。また、ウォータープルーフなので、水や汗に強いです。脂性肌の方のファンデを塗る前に、下地に活用することをおすすめします。

 【キス】 マットシフォン UVホワイトニングベースN (税抜)1600円

美白、テカリ防止、化粧崩れ防止を備えた商品です。日常生活で浴びるの紫外線をカットし、ニキビのもとになる原因を抑えます。
脂性肌の方は、ファンデの前に下地を塗ることで、肌の凸凹を補正し、化粧のノリをよくする効果があります。

メイクの方法とポイント

1まずは保湿、化粧水で肌の調子を整える
2化粧下地を塗る
3ファンデをのせていく

おすすめポイントがいくつかあります。まず保湿です。化粧水、乳液をたっぷり肌へ染み込ませてから、ティッシュでさっとふき取ります。
下地は、肌にしっかり馴染ませるように塗っていきます。最後に手のひらを使って、包み込むようにして肌に馴染ませます。
ファンデは、パウダータイプかミネラルタイプをおすすめします。油分があまり使われておらず、吸収してくれる働きを持っているからです。

メイク、メイク直しで気を付けたいこと

1メイクをする前に、肌の温度を冷やす

その際に氷などを使わないように気を付けてください。化粧水などを塗るだけで十分肌の温度を下げることができます。

2下地を厚く丁寧に塗りすぎない

ファンデの前のベースメイクは、肌の温度が上がる前に、さっと仕上げましょう。

3油取り紙ではなく、ティッシュで取り除く

油取り紙だと、油分が取れすぎて、逆に皮脂の分泌が促され、脂性肌を引き起こす恐れがあります。ティッシュを使いましょう。その上からファンデで化粧直しを行うことがおすすめです。

脂性肌にあったコスメを選ぶことが大事

今まで適当に安くて使いやすそうな下地やファンデを使っていませんでしたか?それぞれの肌体質に合った化粧品があることを覚えましょう。まずは、自分の肌を知り、それに合ったコスメを選ぶことが大切です。脂性肌の人は、ファンデに限らず、油分の少ない化粧品を選ぶようにしましょう。これで化粧崩れや化粧ノリの悪さを改善できますよ。