HAIRSTYLE

HAIRSTYLE 2018.03.24

前髪でも襟足でもない、ココは「触覚」♡自然な小顔効果を狙えるベストな長さとは?

TEXT BY

aoi

前髪とサイドの髪のちょうど間、ここは「触覚ヘア」と呼ばれる部分。

前髪を作る時や髪をアップにする時、「触覚ヘア」を何気なく作っていませんか?
実は、作り方によってはちょっとダサく見えてしまうこともあるんだとか?!

そこで、ここでは髪型別におすすめの触覚の長さやアレンジ方法を紹介します!

そもそも「触覚ヘア」って?

触覚ヘアとは、顔のサイドに髪を垂らすヘアスタイルのことです!
両サイドに縦のラインが入ることで、顔の面積を小さく見せてくれて、小顔効果が期待できます!
さらに、目を大きく見せてくれるのだとか・・・♡
嬉しい効果が期待できるので上手く仕上げたくなりますよね!

ショートヘアならこの長さ!

ショートな髪型には、頬骨の下あたりからこめかみの所で触覚の長さを調整をするのがおすすめです!
Instagram

長くしすぎないことがポイント♡

セミロングでは大人っぽく♡

セミロングのヘアスタイルには、顎下あたりで少し長めに残した触覚ヘアが可愛らしいです♡

まとめ髪の触覚はクルクルに♡

「髪の毛全部をアップにする勇気がない」と悩んでいる方に、すごくおすすめのヘアスタイルです!

Instagram

まとめ髪の時に触覚をクルクルっとすると、オシャレ感が増して可愛く仕上がります♡

触覚ヘアの注意点!?

触覚ヘアを作る時に気をつけたいことは、カットする時の毛束の量と長さです。
毛束が多すぎると、姫カットと変わらなくなってしまいます。
また長すぎると、後ろの髪と同化してしまうので小顔効果が目立たなくなってしまいます。
自分の顔に合った長さを見極めて慎重に切ってみてください!

自分のベストな「触覚ヘア」を手に入れよう♡

基本的には顎のラインが無難ですよね。
でも、ちょっと工夫するだけでもっと素敵なヘアスタイルに出会えるかも・・・♡

ぜひこの記事を参考にして、自分のベストな長さを探してみてください♪