MAKE UP

MAKE UP 2017.10.26

【Lesson5】中学生必見!メイク中級者が意識している4つのポイント!

TEXT BY

中学生になり、ファッションに興味が出てきた人は多いのではないでしょうか?
中にはすでにメイクを始めている方もいるかもしれません。
ここではそんなメイクをするのに慣れてきたメイク中級者に意識してほしいポイントをご紹介していきます!

メイクをする前に…


メイク中級者の中学生の皆さん、面倒だからとスキンケアをないがしろにしてはいませんか?メイク中級者でも、メイクやクレンジングが肌に負担を与えるのは皆同じです。中学生のうちから、スキンケアを疎かにしてしまうと、肌荒れの原因となりニキビや炎症を引き起こしてしまう可能性があります。きちんとスキンケアを行い、中学生の時からしっかりとしたメイクの土台作りをするよう、心がけましょう!!

クレンジングはしっかりと!

初心者でも、中級者でも、上級者でも、クレンジングはメイクの2倍の時間をかけろと言うように、スキンケアに大きな影響を及ぼします。まだ、中学生だからとクレンジングを適当にしていると、数年後の肌の質が大きく異なってきます。そのため中級者でも、メイク道具よりも先に、今使っているクレンジングセットが本当に自分に合ったものなのかを再確認しましょう。中学生のうちからしっかりとクレンジングを行えば、年を取ってから肌トラブルで悩むことも少なくなります。将来の自分のためにもメイク中級者はクレンジングを念入りに行いましょう!

パーソナルカラーを知ろう!

メイク中級者になるために、自分のパーソナルカラーを知りましょう。
パーソナルカラーとは、自分が持っている肌や髪、瞳の色と雰囲気が合う色のことを指します。中学生でも、雰囲気に合う色を選べれば、肌がきれいに見えたり、顔色がよく見えたり、大人な印象を作れたりなど多くのメリットがあります。メイクに慣れてきた中級者で、自分なりのアレンジをしたくなったという人はパーソナルカラーを知り、メイク道具の色を合わせてみるとよいですね。

若さを活かしたナチュラルメイクで自然に可愛く!


中学生の皆さんであれば、そのままの肌で勝負できるので基本的にベースメイクは必要ありません。中級者の方は、自分の素材を大事にします。そこで、中学生の思春期にありがちなニキビなどをコンシーラーなどを使い隠してしまうのは、肌荒れを促進させてしまう恐れがあるため、ナンセンスです。また、中学生の皆さんの肌はとても刺激に弱いものになっています。そのためあくまで肌に負担の少ないナチュラルメイクで放課後や休日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

10年後もきれいなお肌でいよう


 上記の4つのポイントを意識することで、メイク初心者から中級者へのステップアップを目指し、休日や放課後の中学生という素敵な時期をより華やかなものにしていきましょう!また、幼いうちからメイクをすることによって、毛穴や肌細胞に大きな負担がかかってしまいます。10年後の自分が肌のメンテナンスに苦労しないように、しっかりと保湿、メイク、クレンジングは行いましょうね。