FASHION

FASHION 2018.06.07

「なんか違った…。」はもう言わない。試着する時に失敗しない4つのポイント♡

TEXT BY

aoi

試着して購入したはずなのに、いざ着たらしっくりこなかったり、雑誌で見たアイテムと同じなのに、自分が着るとイメージが違っていた、なんて経験ありませんか?

ただ着てみて何となくで試着を済ませていると失敗してしまいがち…。

そうならないためにも、今回は試着のときにチェックしておきたいポイントを4つご紹介します♪

普段よく着る服で試着しに行こう

手持ちのアイテムに合わなければ着回しが出来ず、せっかく買ったものもクローゼットの奥にしまうことになるかもしれません。

靴、トップス、ボトムスはよく着る服で試着に行くと手持ちのものとのコーディネートがイメージしやすいです♪

1種の服で2サイズ試着を♡

自分はMサイズだからと言って、それ試着をするのではなく、ワンサイズ大きいものも試着してみましょう!

「サイズがぴったり=自分に合っている」という訳ではないかもしれないので、2サイズ試着して、自分に合った物を選ぶことをおすすめします。

動きやすさも重要!

着てみてデザインを気に入ると見落としがちですが、動きやすさも忘れずにチェックして下さい!

動きにくい服だとデザインが素敵でも着る機会が減ってしまいますよね。

腕を回してみて窮屈ではないか、しゃがんだときに持ち上がらないかなどもチェックしておきましょう。

袖や裾をまくってみよう♡

サイズも良くて、動きやすさもばっちりなら、次にチェックしたいのは着こなしのイメージ!

袖をまくったときに違和感がないか、窮屈じゃないか・・・デニムパンツならまくった時、裏地の色がイメージと違わないか、などもみておきましょう。

実際に着る時をイメージして、その着こなしを再現してみてください♪

自分に馴染んで着こなせるかどうかは重要なポイント!

こういったところもチェックしておくことで、服選びのミスがなくなります♪

より楽しく服を選ぼう♡

洋服を選ぶのはとても楽しいですよね♪

でも、買ったのに気に入らない点が見つかると後々ショックを受けてしまいます。

ちょっとした細かい所までチェックするだけで、服選びが上手にできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡