SMARTPHONE

SMARTPHONE 2018.06.01

ほしいのはこなれ感。不器用さんでもできる手書き加工how to♡

TEXT BY

手書き加工って難しい??

手書き加工が施されている画像をよくSNSで見ますよね!

自由な表現ができるし、手書き加工ならではの温かみも感じられて、とっても可愛いと思います♡

でも、スマホで書くのって難しそうだし、汚くなってしまいそうで挑戦できない方も多いはず…

今回は、不器用なあなたでも簡単にできちゃう加工の仕方、紹介します!!

簡単にできる手書きレタリング

やっぱり手書き加工の定番は文字!

文字が上手くかけないから、手書き加工を諦めている人も多いと思います。

字が上手くかけない人必見の簡単に書ける手書きレタリングの方法もあるんですよ♪

今回は3つ紹介します♡

1文字にフタをする

この方法はとっても簡単で、書いた文字の書き始めと書き終わりにフタをするだけ!

上手く書くコツは、元の文字の線の半分くらいの太さでフタをすることです。

タイトルなどの大きく書きたい文字に使うのがオススメです♡

2ほそながーく書く

とにかく字をほそながーく書けば、こんなに可愛らしいシルエットになります!

うまく書くコツは、細めのペンで書くことと、字と字の間隔を狭くすることです

幅が狭くて書きたい文字が入りきらない時などにも、このフォントを書くと省スペースになるのでオススメですよ♪

意外と簡単!?柄の書き方

可愛い文字で加工したのに、背景がなんだか地味で隙間が気になる時は、柄を書いちゃいます!

柄は意外と簡単に書けて、クオリティーがぐぐっと上がるので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

敷き詰めハート

ハートを敷き詰めるだけで、とっても華やかでハッピーな雰囲気なるんです♡

上手く書くコツは、色々なサイズと色々な形のハートを散在させること。

最初にバランスを見ながら大きなハートを書いたあとに、隙間に小さなハートをつめていくと可愛く仕上がります♪

等間隔ドット

等間隔にドットを書くと、シンプルなのにどこかお洒落な雰囲気になります♪

上手く書くコツは、元々のペンの太さを書きたいドットと同じくらいの大きさに設定することです。

ぬいぐるみや靴などの物撮りの背景に書くのにオススメです!

人の写真に加えると可愛い手書き加工

加工する機会が多いのは、やっぱり友達との写真やプリクラですよね♡

人が写っている写真って、あんまり書く場所がなかったり、盛れてないとお蔵入りしたりしてしまいがち…

それでも可愛く見える手書き加工があるんです♡

1髪の毛キラキラ

書く場所が少ない時にはこれがオススメ!髪の毛さえ写っていれば、前髪でも書くことができます♪

上手く書くコツは、線を書く時に迷わないこと!!
迷いながら書くと線がぶれて、せっかくの加工が汚く見えてしまいます。

時間もかからない手軽な加工なので、ささっと書いてSNSにアップしてみてくださいね♡

2持ってる風加工

何かものを持っている風の加工は、プリクラで顔周りが歪んでしまった時などの隠しにも使えるんです♪

この加工をするには、あらかじめ加工しやすくポーズをとっておくことがポイントです!

この加工ができるようになれば、手書き加工上級者に1歩近づけます♡

よりキレイに仕上げるための極意!!

それでもやっぱり少しのブレや歪みが気になる人もいるかと思います。

そんな時は、タッチペンを使いましょう♪

タッチペンを使うと、画面上での滑りもいいし指で書くよりも書きやすいですよ♡

おすすめのタッチペンはこちら!


出典:https://product.metamoji.com/su-pen/ms/

そして、今まで紹介してきた加工はぜーんぶ1つのアプリがあればできちゃうんです!!

そのアプリはこちら!

iPhoneの方はこちら♡

Androidの方はこちら♡

これであなたも手書き加工名人

やり方さえ分かれば手書き加工って意外と簡単なんです♪

あなたも手書き加工の可愛いらしい画像をSNSにアップして、友達に褒められちゃいましょう♡

上手になって、友達の誕生日などにお祝い画像を作ったりすれば、思い出になるし喜ばれること間違いなしですよ!!