FASHION

FASHION 2018.06.22

困った〜><を助けてくれる♡メイクやファッションに使えるドライヤーのウラ技6つ!

TEXT BY

毎日お風呂上がりに使うドライヤー。
実は髪を乾かすだけでなく女子に嬉しい使い方がたくさんあるんです!

今回はメイクやファッションに役立つドライヤーの裏技を6つご紹介します!

メイク編

〔1〕折れた口紅を修復する

使っている間についポロっと折れてしまった口紅…。
簡単にくっつけるには折れた断面をドライヤーで温めてから、元の位置に押し付けるようにして接着すればOK!
しばらく冷やしておけば元どおりになるんです♡

〔2〕化粧崩れを防ぐ


いつものように化粧水、乳液をつけたらドライヤーを冷風にして30センチほど離した状態で顔にあて冷やします。
肌が冷えきった所で下地やファンデーションをつけ、仕上げにもう一度冷やす事で油や皮脂で化粧崩れするのを防いでくれます♡

〔3〕くるっとしたまつげを作る

いつも使っているビューラーをドライヤーの温風で温めてから使うだけ。
こうすることで何度も押さえつけなくてもすぐにカールができるうえにくるっとした状態が長持ちしてくれます♡

ファッション編

〔4〕服の匂いを抑える

服を着替えられないタイミングで焼肉やタバコの匂いがする…。
そんな時はドライヤーを冷風にして服全体にあてれば匂いを軽減することができます♡

〔5〕靴のサイズをあわせる

買ったばかりの靴がちょっとキツめだった場合、分厚い靴下を履いた状態でその靴を履き、靴全体にまんべんなくドライヤーの温風をあてます。
熱が冷めるまで履いた状態にすると足が痛くならないぴったりサイズに♡

〔6〕撥水効果を復活!

傘などのレイングッズや撥水効果のあるバッグでも、使っているうちに水を弾かなくなってしまうことってありますよね。
そんなr時はドライヤーの温風を全体にまんべんなく当てましょう!
そうすることで撥水効果が復活し、再び水を弾くようになるんです♡

ドライヤーは髪を乾かすだけの道具じゃなかった!

ドライヤーはオシャレ女子には欠かせないアイテム。

裏技も使いこなしてメイクやファッションをより楽しんでくださいね♡