GOURMET

GOURMET 2018.06.07

口に入れた瞬間とろける♡食べると幸せになれるパンケーキって?

TEXT BY

パンケーキブームは女性を中心にまだまだ継続中♡

そんなパンケーキの今のトレンドは『ふわふわ感』なんです。

そこで今回は「食べると幸せになれる」と言われるパンケーキが楽しめるパンケーキ専門店『幸せのパンケーキ』をご紹介します!

幸せのパンケーキとは?


ニュージーランドから直輸入する、高純度のマヌカハニーと北海道の生乳で作った発酵バターで作ったパンケーキのお店。

材料の品質と生産者を継続的に守っていくため、1日の販売数には限りがあるそうです。

気になるメニューはパンケーキだけでも7種類!


※2018年5月4日時点での情報です。
こちらが『幸せのパンケーキ』で取り扱っているメニュー。

各店舗ごとに限定メニューなどがあり、多少異なっており、今回ご紹介しているものは池袋店のメニューです。

今回、私はお店の名前にもなっている『幸せのパンケーキ』をいただきました!

お皿に3枚のパンケーキがのっていて、パッと見では「少ないかも?」と思いましたが、1枚1枚がとてもふわふわしているので、結構なボリュームがあります!

ほろ苦いカラメルソースとの相性も抜群♡

美味しさの2つの秘密

なぜこんなにも『幸せのパンケーキ』は人気なのでしょう?2つの秘密をご紹介♪

素材へのこだわり

『幸せのパンケーキ』は安心と安全にこだわり、カラダにやさしい素材を使用しているそうです。

契約養鶏所から取り寄せる新鮮な卵で焼きあげるパンケーキは、ベーキングパウダーを使わず自然の力で“ふわふわ”に仕上げられています。

また、香りと味わいを増すために、北海道産の新鮮な生乳で作られたバターを熟成させた発酵バターに、ニュージーランドで日本人が作る特別な抗菌作用を持った最高級のマヌカハニーをブレンドし、濃厚なパンケーキの味を引き立たせているそうです。

自家製グラノーラや手作りドレッシングにもこだわり、カラダのなかに取り入れるものだからこそ、大地の恵みが育んだ素材の美味しさをそのままお届けするようにつとめられています♡

“一枚”へのこだわり

「焼き立て、作り立て」にこだわり、注文をもらった後にメレンゲをたて生地を作り、独自の製法と徹底した温度管理で一枚一枚丁寧に焼き上げています。

そのため運ばれてくるまでにかかる時間は約20分ほど。

また、一度に焼ける枚数も限られているため、混雑時・満席の場合はさらに20分(計40分)の時間がかかります。

美味しさと感動へのこだわり

ふわふわパンケーキとホイップバターがつくりだすやさしいくちどけはもちろん、実店舗でしか味わえない“食べたい心”をくすぐる感動も『幸せのパンケーキ』の魅力♡

店内ではパンケーキをふっくら焼きあげる工程を見ることができ、出来立ての甘い香りと“ふわふわ”食感が楽しめます。

見て、食べて、香りを味わう。

これが『幸せのパンケーキ』の真っ直ぐな美味しさの秘密なんです♡

あの◯◯賞を受賞!

なんと、ふわふわとろとろな食感で「食べると幸せになるパンケーキ」として人気を集め、同名のお店が各地に次々とオープンしていることも話題となり、『幸せのパンケーキ』は、Yahoo!検索大賞2016【スイーツ部門賞】を受賞しました!

幸せなひとときを…♡

いかがでしたか?

「おいしいものは人を笑顔にできる。」、この思いをカタチにしたのが『幸せのパンケーキ』です。

平日は予約可能なので待ち時間を減らすためにも予約して行くことをおすすめします♡

現在店舗は全国に22店舗展開しています。

是非、一度足を運んでみてくださいね♡

公式サイトはこちら♡