ENTERTAINMENT

ENTERTAINMENT 2018.05.16

\Wake Up!/眠くなったら試してみて!眠気を撃退するためのHow to♡

勉強をしているとどうしても眠くなってしまう...という方は多いと思います。実は、手軽に眠気を覚ます方法があります!今回は眠気をなくして、勉強効率をupする方法を学校でできるものと、家でできるものに分けて

TEXT BY

たくさん寝たはずなのに、勉強を始めるとなぜか眠くなってしまいますよね。

Instagram
しかし、勉強中に眠たくなっても、起きていられる方法があるんです!

今回は、勉強中に眠くなってしまった時に目を覚ます方法をご紹介します!

学校編

少しの間息を止めてみる

眠気を感じたら、一旦息を吐いてから呼吸を止めてみましょう。

できれば、少し苦しくなるくらいまで息を止めてください。

呼吸を止めると脳が酸素不足になり、息を吸うとすぐに脳に酸素が送り出されます。

これで眠気を覚ますことができます!
大きく息を吸うだけでも◎

衣服を調整


Instagram
人間は体温が上がると、自然に眠たくなってしまいます。

普段から脱ぎ着しやすい服装をしておいて、授業中は「少し寒い」くらいにしておくといいですよ♡

家編

ストレッチを行う


Instagram
ずっと椅子に座りっぱなしなど、長時間同じ体勢でいると眠くなってしまいます。

体を動かす事で脳に刺激が与えられ、眠気覚しに効果的です!

首や肩、腕を回す、立ち上がって伸びをするなど…。

トイレに行くだけでも違ってくるので、眠くなったら立ち上がりましょう!

教科、勉強内容を変える


Instagram
同じ教科をずっと勉強していると、どうしても飽きてきてしまいますよね。

そうすると脳の働きも悪くなり、眠くなることがあります。

数学の勉強を英語に変えたり、長文読解を単語の暗記にするだけでも、脳に刺激を与えることができるので、是非やってみてください!

仮眠をとる


Instagram

10分から20分程度寝るだけで、眠気はずいぶん改善され、頭がスッキリします!

横になるとそのまま寝入ってしまうおそれもあるので、机に伏せて寝るなどの工夫が必要です。

その時は、寝過ぎないようにアラームのセットを忘れずに!

勉強の効率をupさせよう!


Instagram
眠いままやっていても、勉強の効率は下がるだけ!

今回ご紹介した方法で脳を活性化させ、勉強の効率をupさせましょう♡