MAKE UP

MAKE UP 2017.11.16

ルージュ・リップの違いは何?自分のリップコスメを手に入れる方法!

みなさんは「ルージュ」「リップ」の違いをご存知ですか? 単語は知っているけどちゃんとした意味をわかっていない人が多いと思われます。 そんな今日は、違いを知って、自分にあう「リップコスメ」を見つけましょう。

TEXT BY

ルージュとは?


ルージュ( Rouge)という語は英語ではなく実はフランス語なんです。
口紅はフランス語で(Rouge a levres)と言います。Rouge=赤色 leveres= 唇 という意味になります。
日本では「口紅」と「ルージュ」は同じ意味の扱いになります☆

リップって何?


リップ(Lip)はみなさんご存知の通り英語で「唇」という意味です☆
日本では、「リップスティック」という意味で省略されています。
リップスティック・リップクリームといろんな言い方がありますが、英語では「リップバーム」と言います。

リップスティック・リップクリーム・リップバームとは?

唇を保湿するためのアイテム


スティック状のことを言います。
リップスティック・クリームを塗ることによって乾燥を防ぎます♪
口紅を塗る前に下地として塗ったりします。
最近、色付きのリップスティックが増えています。
リップバームはリップスティック・クリームと大きな違いはありませんがただ、棒状なのか柔らかい質感で缶などに入っているかの違いです。
感触は軟膏のように、柔らかく少しベタベタする感じがあります。

リキッドルージュとは?

Kanaさん(@clv_kana)がシェアした投稿


リキッドルージュとは、口紅とリップグロスを合わさった液状の口紅のことを言います。
口紅とは違って、マットな感じではなく、うるおいのあるプニッとした唇に仕上げることができます♪
リキッドタイプなのでうるおいとツヤをキープすることができます◎

リップグロスとは?

Kanaさん(@clv_kana)がシェアした投稿


リップグロスは光沢を出すことができます♪
ツヤを出すことで唇に立体感を持たせますが、リキッドルージュと違って淡い色しかつきません。
そのため口紅の上からツヤを出すために塗ります☆

リップティントとは?

リップティントとは、リップクリーム、リップグロスや口紅、ルージュとは異なり、唇を直接染めるリップコスメをのことをいいます♪
色の発色はものすごくよく、色落ちがとてもしにくいです。
実はこれ韓国発なのです!!!
日本へ輸入され日本のコスメメーカーもティンとアイテムを販売し始めました♪

これでリップメイクは完璧!


ルージュとリップの言われ方の違いを理解できましたか?
日本では口紅とルージュ同じ意味でつかわれていましたね*
リップはリップクリームのイメージが強いです◎
しかし正式な英語ではリップバームですよ。
それぞれ名前の付け方にも意味があったのですね♪
メイクでつかわれる言葉をもっと知って楽しみましょう!