MAKE UP

MAKE UP 2017.10.06

【小さい口Lesson1】口が小さいからこそ映える!リップメイク!

TEXT BY

口が小さいと、リップメイクのバランスをとるのが難しいですよね。
しかし、口が小さいからこそ映えるリップメイクを紹介します。

バービーだって口が小さい系女子☆

海外セレブの口元はふっくらしたセクシーでリップメイクも素敵ですよね。
口が小さいと、セクシーなリップメイクはできないのかな…なんて諦めていませんか?
そんなことはありませんよ!あのバービーだって口が小さい系女子なんです!
だけどキュートでセクシーなリップメイクですよね。
今回は、バービーのようなリップメイクを紹介します!

小さい口にはマットなリップがよく似合う

流行のマットなリップは大きい口よりも小さい口系女子の方が似合うというのをご存知ですか?
マットなリップは、唇を立体的に見せてくれるため、小さい口の女子にはぴったりなのです。

ただ、塗り方を間違えてしまうと口元だけが浮いてしまうので、浮かない手順を確認しましょう。

1リップクリームでしっかり唇を潤す
2唇に直接色をのせるのではなく、人差し指でリップの色をのせていく
3下唇の中央にトントンと叩くように色をのせる
4そのまま口角に向かって指を滑らせながらのばしていく
5上唇も同じように塗っていく
6仕上げに透明のグロスをうすーく塗る

  
最後のグロスは本当にうすーくでOKです。
グロスを塗り過ぎてしまうと、せっかくの立体感がなくなってしまいます。
小さい口でもちょっぴりセクシーな大人っぽいおフェロ顔になれちゃうリップメイク術です。

大きく見せたいならちょこっとライン

続いては王道のリップメイクです。
そんな口元を叶えてくれるメイク術がオーバーラインです。

オーバーラインリップメイクの手順を確認しましょう!

コンシーラーでリップラインをほんのりぼかす
2上唇の山の部分のリップライナーをひく
3下唇の中央のみリップライナーをひく

4仕上げにリップライナーと同じグロスをのせれば完成


リップライナーで唇全体をふちどるのではないので、ナチュラルに口を大きくみせることができます。
小さい口はどうしてもグロスの色を間違えると浮いてしまうので、必ずリップライナーとグロスの色は合わせるようにしましょう。

パールやラメが似合うのは小さい口だから

小さい口に似合うグロスはパールやラメが入ったものです。
小さい口をふっくらを立体的に見せてくれるため、パールやラメが入ったグロスはメイクポーチに1つ入っていると安心ですよ。
パールやラメの入ったグロスは、クリアカラーでも十分華やかな口元を演出してくれるので、日中はリップクリームのみで、放課後デートのときにサッとグロスを塗るだけでもOK◎
女子力ばっちりな口元になれちゃいますよ。

チークはオレンジがピッタリ


口が小さい系女子のみなさんにおすすめのチークは、オレンジ色です!
ピンクや赤のチークも似合うのですが、口元のメイクがしっかりしているので、オレンジチークがリップメイクを引き立ててくれます。
ピンクや赤のチークを口が小さい系女子のみなさんが使う場合は、リップはクリアグロス程度に抑えていきましょう!

小さい口は可愛さのしるし


今日のコンプレックスは明日のチャームポイントです。
小さい口は、女性らしい可愛さのしるしです。
メイク術をしっかりとマスターすれば、一躍モテ顔になれちゃいますよ♪