MAKE UP

MAKE UP 2018.03.18

ニキビやクマは上手に隠そ♡サギ美肌を作るおさらいベースメイクHowTo

キレイなお肌は美人度をぐっとUPさせてくれる効果があるほど、見た目の中で重要な部分♡お肌トラブルにお悩みの女の子でも、美肌を作れる完璧なベースメイクをおさらいしちゃいましょう!

TEXT BY

メイクの基本と言えばベースメイクですよね!
美肌は七難隠す、と言われているくらいキレイなお肌は女の子を美人に見せてくれるモノです♡

でもきちんと正しいやり方でベースメイクができていないと、メイクが崩れてきちゃったり、余計に肌の凹凸が目立ったりします。

今回は意外と知らなかった、ベースメイクの基本やベースメイクアップ製品について詳しく紹介していきたいと思います!

ベースメイクってどこまでのことを言うの??


まずベースメイクとはどこまでのことをいいのでしょうか。

ベース=基礎・基本・土台

まずスキンケアでお肌のお手入れをし、化粧下地から始まりファンデーションなどで仕上げる、この肌の土台のメイクまでをベースメイクと言います!

これに対してアイメイクやリップなどは”ポイントメイク”と言います。

ベースメイクは肌を整え、そのポイントメイクのノリをよく落ちにくくしたり、肌全体をキレイに見せるなどの役割を持っています。

おさらい!ベースメイクアップ製品の種類と特徴


種類と特徴についてまとめていきます

水分ベース

肌が乾燥する時または水々しく仕上げたい時に塗るのが水分量の多いベース

カラーベース

ファンデーションを塗る前に肌のトーンを均一にするための製品
例えば…
赤みの強い肌にはグリーン系
黄色みの強い肌ならパープル〜ピンク系
くすんだ肌にはピンク〜ピーチ系 という感じです!

プライマー

開いた毛穴を埋めて肌を滑らかにしてくれる。メイクの持続力を高めるためにも使用する

パールベース

細かいパールが入っているベース製品。顔に立体感を与えてくれる。

ファンデーション

シミなどをカバーし肌のトーンを補正する
クッションタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプなどがある。BBクリーム、CCクリーム、ティンディドモイスチャライザーなどもファンデーションの仲間です!

コンシーラー

カバー力が高く、クマ、ホクロ、ニキビなどの部分カバーに使用する。

パウダー

マットに仕上げるために使用する粉

紹介した順番がベースメイクを塗る順番です!ただし、仕上げたいお肌によって省いたり順序を変えることがあります!

まずベースメイク前にスキンケア!

スキンケアで注意してほしいことがあります。
それは肌に塗る時。

ゴシゴシすると角質が浮き出てきてしまうので角質を寝かす容量で軽く「叩き込む」ように塗ること!
そして日焼け止めなどを塗る時も化粧水や乳液をトントンしっかり肌に染み込ませてから塗らないと肌に密着せずポロポロと出てきてしまいます。

乾燥したお肌には化粧水でしっかり水分補給をしましょう!

きちんと順番通りに!基本ベースメイクの塗り方

ファンデーション

ファンデーションの塗り方について説明していきます

①ファンデーション(またはBBクリーム)を塗ります
スポンジ、パフ、ブラシなどの道具を使って塗る方法もありますが、、おすすめは手です!

②ムラにならないように軽く叩き込むように塗っていきます。

ここでワンポイント!中心から外側に向かって塗っていくと外側に向かうにつれてファンデの量が少なくなり自然なシェーディングが出来て顔が小さく見せることができます!

コンシーラー

次はほくろやしみ、ニキビなどを隠してくれるコンシーラーについてです!
コンシーラーはファンデーションに比べて水分が控えめでカバー力に優れているアイテムです
テスト勉強などで睡眠不足だとニキビができちゃったりクマが出てきちゃったりしますよね
そんな時にしっかりカバーできるようにコンシーラーの使い方をマスターしちゃいましょう☆

まず何を使ってコンシーラーを塗るのがいいのか、、、これはブラシです!手でもできますが細かいところに塗るのではみ出したりカバーしたところが指の力でとれちゃったりしちゃうので注意しましょう!

クマ

目の周りは皮膚が薄く乾燥しやすいので水分量の多いコンシーラーを選びましょう。よく使われるのはリキッドタイプです!なるべく自分の肌の色に近いもの、もしくは少し明るめの色を選ぶようにしましょう

次は塗り方についてです

①手の甲にコンシーラーを少量とってブラシの両面にしっかり馴染ませます。奥まで馴染ませるとブラシの跡が付きにくいです!

②クマはだいたい目頭の方が濃いのでクマの濃い部分から塗り始めます

③そのまま斜め下の顔の外側に向かって繰り広げていきます
塗る時の注意なのですが、まつ毛ギリギリまで塗ってしまうと影がなくなってしまい目が小さく見えてしまうので気をつけて塗りましょう

④次はぼかします!ブラシについた量を落としてブラシを平たくして毛先だけを使って優しくぼかす

⑤ここまで来たらブラシを倒してトントン叩き込みます。すると、ブラシの跡を消すと同時に密着させることができます

ニキビ

次はニキビの隠し方について!

①ニキビ(今回はかさぶたになってるニキビについて話します)を隠す時はまずスキンケアの時に、乳液などをかさぶたの周りに塗って綿棒でくるくると撫でてあげましょう。
こうすることで余分な角質を落とすことができます!

②小さめのブラシと少し固めでカバー力のあるタイプや固形のコンシーラーを用意します

③ブラシにコンシーラーをしっかりとり手の甲で量を調節します

④ブラシを寝かしてコンシーラーを乗せるようにして塗ってニキビの2mmくらい外側までカバーします

⑤ブラシに残ったコンシーラーを軽くティッシュオフしてブラシを立てて毛先で境界線をぼかす

⑥このあとが大事!ブラシにパウダーを少しとってカバーしたところにはたくと持ちがぐっとよくなります!

きちんと知ってメイクを楽しもう!

ベースメイクの順番を守ることはとても大切です♡それによってメイクの出来が左右されるといってもいいくらい!
きちんと知ってもっとかわいくなってメイクを楽しみましょう!