FASHION

FASHION 2018.03.07

あの子の着こなしマネしたい…制服スカートを上手に短くする6テクニック!

学生のうちだけ楽しめる制服。女の子なら、いつだって可愛く着こなしたいものです。でも、普通丈のスカートだとちょっと野暮ったい…。そんな女の子の願いを叶えるべく、スカート丈を上手に短くする方法を集めてみました♪

TEXT BY

学生時代という期間限定でしか着られない制服。
たとえ決められた服でも、できるなら可愛く着こなしたいですよね♪

制服の可愛さを決めるのは、何といってもスカート丈!
そこで今回は、上手にスカートを短くする方法を6つ、集めてみました。

これはお手軽!「ガチャベルト」


出典:wear

【メリット】
ガチャベルトはお手軽に使えて、とっても便利!

折るよりもプリーツがキレイに見えますし、
一時的に丈を短くしたい場合にうってつけですよ♪

【デメリット】
ジャケットを着ている季節であれば隠れるのですが、
シャツだけになるとガチャベルトがばっちり見えてしまうのが難点…。

また、気を付けていないと、左右や前後の長さがいつの間にか変わってしまうことも!

先生バレもセーフ?「サスペンダー」


出典:wear

【メリット】
もしも先生に見つかっちゃったときは、
「ちょっとスカートがゆるくて…」と言い訳できるのがサスペンダー♪

ウエスト部分を折らないので、左右の長さが変わりません。

私服にも使えるので、1本あると便利♪

【デメリット】
留めるところが何ヵ所もあって、付け直すのがちょっと面倒です。

少ししか短くできないし、毎日付けていると、肩こりの原因になっちゃうことも!

プリーツのキレイさなら「内折り」

【メリット】
スカートのベルト部分から内側に折る「内折り」です。

ベルト部分がそのまま芯になってくれるから、プリーツがキレイなまま短くできちゃいます♪

【デメリット】
内側にたくさん折ると、プリーツ部分が盛り上がり、お腹周りが太って見えちゃうことも…。

細見せ効果あり!「外折り」

【メリット】
スカートのベルト部分から外側に折るのが「外折り」。

お腹のところが締まって見えて、細見え効果があるのが嬉しい♪

【デメリット】
外側に折ることでプリーツがよれたり、
シワになったりして、キレイなプリーツを作るのが難しいです。

コツは、ホックを開けてから折ること!あとは慣れるのみですよ♪

安定の合わせ技!「折る+ベルト」

【メリット】
折ってからガチャベルトで固定する方法もあります。

折った分の膨らみが抑えられ、ウエスト部分がもたつかないのがメリット♪

ずれたり長さが変わったりすることも防げます。

【デメリット】
ちょっと手間がかかります。また、シャツだけになったら隠せないことも難点。

形は一番キレイ「切る」

【メリット】
ウエスト部分をいじってないので、形がキレイに見えます。
もちろん、ジャケットを脱いでも大丈夫♪

折れ目を気にせずに済むので、毎日ノンストレスですね!

【デメリット】
当然ながら、切ってしまうと元には戻りません。
先生にバレたらごまかしが利かないので、買い直しになることも…。

普通丈のスカートも用意して!


もしも「切る」方法を選ぶなら、式典用に普通丈のスカートも用意しておくのがオススメ。

先生にバレたときは「なんだか急に背が伸びちゃって」とか
「長いのも持っているから今回は見逃してください!」なんて言い訳で、逃れられるかも?

制服のスカートは、短くし過ぎると変になってしまうことも。

節度を持って、今しかできない制服のオシャレを目いっぱい楽しんじゃいましょう!